FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール展間もなく終了

東京上野の東京都美術館にて開催されている「フェルメール展」が12月14日(日)で終了します。
8月からの開催で88万人が訪れたということで、連日チケットの販売終了近くまで入場の行列ができる程の盛況です。
私も先月11月26日(水)に見学に行きました。混雑かありまにひどいので、まずはこの日のもうひとつの目的である「太陽美術展」をゆっくり鑑賞してから入場することにしました。
そしてフェルメール展に入場したのは、入場終了の10分前観覧時間は40分に限られますが、入り口の行列は既になくまずは駆け足で、比較的空いているエリアの展示から・・・。
そしてフェルメールの7点の作品。「ディアナとニンフたち」「マルタとマリアの家のキリスト」「小路」「リュートを調弦する女」「ワイングラスを持つ娘」「ヴァージナルの前に座る若い女」「楽器商のいるデルフトの眺望」現存するフェルメールの作品は36点といわれていますから、約5分の1がここにあるわけです。フェルメールの作品は、借りる予約をしていた美術館から貸し出ししてもらえないという自体が発生したにもかかわらず、何とか当初予定どおり7点の作品が確保できた様子です。
人物作品5点は左から差し込む光に照らし出されているフェルメールの代表的な描き方。
混雑+小さな作品の鑑賞でしたが、作品のそばにパネルが設置され、絵の拡大写真と解説があり、まずまず楽しむことができました。以前書きましたブログ自分流美術館の楽しみ方の観覧方法で成功といったとろこでしょう。
残り3日です。まだ観に行かれていない方は是非どうぞ。
2008-05-09付けの日記(ブログのFC2移管前の記事ですので2008-11-28付「自分流美術館の楽しみ方」という表題になってます)をご参照下さい。
2008-12-11
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。