スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日常のひとこま」北沢優子の作品

北沢優子さんの作品は、子供たちの日常のひとこまを切り取った情景を水彩画で生き生きと描きまます。
春の扉」では花瓶に生けられているであろうチューリップのある部屋の中から、扉越しに外で少女が花に水をやっています。新緑と日差しによる女の子と扉の影が少し強くなって来た日差しの暖かさを感じさせてくれます。
薄曇りの香」では雲が少し太陽の日差しを遮っている空に、咲き揃った桜の枝。そしてその間を小鳥が飛んでいる様子。まさに桜咲く春の公園を歩いていて、ふと空を見上げたときの情景そのものです。
透明な一日」は初夏でしょうか。窓と扉が開けられ、外からの風がカーテンを揺らしている部屋の中で少女が椅子に座り、その風を心地よく感じているひとこまが見事に表現されています。
やさしく淡い色使いのこれらの絵を見ているとホットさせられます。
北沢優子さんの作品は現在3点ですが、夏までに2点追加されます。どうぞご期待下さい。
2009-04-22
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。