スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待井健一 絵画展

大丸東京のアートギャラリーで開催されていた「待井健一 絵画展」が本日で終了しました。
展示されていたのは約30点、過去の作品と新作がほぼ半々といったところです。
技法が「ミックストメディア」と表記されていますが、版画でなくイラストです。多くがアクリル絵の具と色鉛筆
で描かれた作品です。
待井健一さんのファンの方はよくご存知ですが、とにかく細かいところまで細い線で描き込まれているのが
特徴で、その一本一本の線は色鉛筆で描かれているのです。
水中都市を連想させる作品、上部が時計になっている塔(普通の時計台ではありません。)、未来都市のよう
に見えて、建物はどこか懐かしさを感じさせるところ等、待井健一の世界を満喫できます。
新作では、色使いや構成に変化があるもの、下地処理されて表面に凹凸があるもの、油絵風のもの等、従
来と違う待井健一ワールドが楽しめます。
あなたは新旧どちらの作風が好みでしょうか。

個展は7月8日(水)~7月14日(火)までの開催だったのですが、どうやら前半は待井さんがご病気になられて
関西にお住まいの待井さんの上京が遅れたからのようです。
私の訪れた13日午後は混雑する土日をさけて、多くの作家さんも訪れる日となりました。
当店でもお馴染みの中村豪志さん、蓮田千尋さん、早川靖子さん。詩とメルヘンでお馴染みの金沢まりこ
さん、絵本でお馴染みの橋賢亀さん、同じく絵本でお馴染みの夢ら丘実果さん、なんと6人の方とお会いすることができました。
個展で他の作家さんにお会いすることは多いのですが、1日に6人なんて始めてでした。
夕方まで残られていた作家さんたちとお茶したりと本当に楽しい一日となりました。

2009-07-14
スポンサーサイト

テーマ : 展覧会案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。