FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別なクリスマスイブ

クリスマスというと当店では遠藤あんりさんのイラストが代表格です。
「ブラウニー家のクリスマス」に描かれた作品を中心に家庭の温かさを感じる作品が心を温めてくれます。

心温まるといえば、今年のクリスマスイブは私にとって特別なものになりました。
ランドマークホールで開催された『音霊番外編!! X'mas Premium Acoustic LIVE♪』KalafinaのアコースティックLIVEに行くことができたのです。
今回はいつもと違う構成で、プログラム音源は一切使わずに、楽器はアコースティックギター、パーカッション、ヴァイオリンとピアノの4台のみ。
アレンジはピアノの櫻田泰啓さんがしたそうです。櫻田さんも今回はキーボードではなくグランドピアノでの演奏でした。
また、いつもよりも音量も抑えられ、3人の声の美しさと歌唱力が栄えるLiveとなりました。
スタートは「fairytale」
全員のコーラスからはじまる曲ではないので、Hikaruは途中からのソロでいきなり大きな声を出さなければならないところはちょっときつそうでした。
歌われた曲は「neverending」「Eden」「夏の林檎」「九月」「傷跡」「storia」「serenato」「ことのは」「輝く空の静寂には」「君が光に変えて行く」「Gloria」
Gloriaは生で是非聴きたい曲のひとつでした。
そして「春は黄金の夢の中」「胸の行方」「光の旋律」光の旋律は今までとまったく違う印象の曲になりました。
この曲に関しては私は普段のアレンジの方が明らかに好きです。
その後「明日の景色」「sprinter」
sprinterはあまり好きという曲ではないのですが、ゆっくりしたテンポで演奏され、とても良い印象に残りました。
アコースティックLiveであっても彼女達は本当に大きな声を出しています。
高音パートのWakanaとHikaruの引き立て役に回ることの多い低音パートのKeikoですが、いつものように歌った直後のMCでは息を弾ませていました。本当に体全体を使って歌い上げているって感じです。
最後に「Have Yourself a Merry Little Christmas」を英語で歌いました。
Kalafinaが単独Liveで持ち歌以外の曲を歌うのはおそらくはじめてだと思います。
アンコールは「symphonia」
今年、人前で歌う最後の曲だそうです。
今回はアコースティックLiveということで「音楽」などLiveでのせる曲は入れず、聴かせる曲ばかりでした。
客席もいつもと違い、みんな座ったまま、手振りもせずにただ聞き惚れていました。
大好きなアーティストのLiveで過ごせるなんて、本当に素敵なイブの夜になりました。

2011-12-28
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。