FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅と鶯

前回、横田美晴さんの和風のイラストのご紹介をしましたが、今まで和風の作品として紹介した事がなかったように思います。
そこで今回は、和風の作品のご紹介をします。

アクリル絵の具を主体としたミックストメディアでイラストを描く目黒直子さんの「鬼灯
ホオズキの実を持った和服姿の女性を瑞々しく描いた作品です。
当店で販売している目黒直子さんの作品で唯一の和風の作品ですが、一番人気で原画も既に売れてしまいました。

牧野鈴子さんの「月の都の人 かぐや姫
牧野鈴子さんがかぐや姫を描くとこうなります。
でも、かぐや姫は月の住人でいわば宇宙人ですからね。
対面した人がみなひれ伏すような神々しさがあります。

高田美苗さんの「幼き日、ガラスの夢」は桜柄の着物姿の少女
約10cm四方の小品ですが、点で細かく描画された銅版画の逸品です。
高田美苗さんの銅版画作品は、緻密で繊細で素晴らしい作品ばかりです。持つだけの価値のある作品です。

源氏物語絵巻を描く、東聖観さんの作品を代表して「梅枝春への薫り
アートプリントの色紙ですが、金銀の箔押しのされた美しい作品です。

そして、樋口裕子さんの「梅と鶯
梅の木を背景に、和服の少女の指に止る鶯が描かれています。
樋口裕子さんの作品は、古典的な様式を用いつつ、モダンな感覚のある作風が特徴です。

梅と鶯はどちらも季語に用いられるものですが、私自身の感覚では梅とメジロの方がしっくりと来ます。
家の周りで鶯も鳴きますが、近くで姿を目撃するのはメジロです。
昨日も隣の家の枇杷の木とうちの柿の木の周りを行き来していた小鳥がいます。
残念ながらはっきりとした姿は確認できませんでしたが、メジロと思われます。
寒いけれど、もやっぱり春は近づいているのでしょう。

2013-01-30
スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。