スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤あんり原画展

久しぶりのブログアップになります。
横浜山手の111番館にて2013年7月19日(金)~23日(火)まで「遠藤あんり原画展」が開催されました。
港の見える丘公園に程近い、横浜山手111番館は大正時代に建てられた洋館で内部や庭を見学できる観光スポットでもあります。
その一室は市民ギャラリーとして利用されていて、遠藤あんりさんも時々ここで個展を開いていらっしゃいます。
今回は新作十数点と小物が展示されていました。
「サンドンのリズム」は四人で楽器を演奏しているところを描いた作品です。
「ウサギのMINAさん」は少女がウサギのぬいぐるみを作っているところ。
「MINAさんのお菓子」という作品もありました。
「バラの研究」はクマのぬいぐるみと寝ている少女。夢のなかでバラの研究をしているのでしょうか。
「リズム」はネコが花とチョウの飛ぶ原っぱを散歩するところを描いた作品。
「散歩のあいさつ」はネコと二人の子供を描いた作品です。きっと兄弟でしょう。
「ふたりぼっち」はサンタとウサギのぬいぐるみ。
遠藤あんりさんといえばブラウニー家とサンタのイメージが強いのですが、サンタの登場する作品はこの他「クッキー」「おつかれさま」「サンタさんとトナカイ」「さんたさんが眠ってる」の5点がありました。
最後にご紹介するのは「お父さんの歌」というイラスト中にアジサイが描かれている作品です。
遠藤あんりさんは実は昨年お父様を亡くされています。
お父様はお元気な頃は詩吟の先生をしていました。
石井幸平の詩吟に「紫陽花」というものがあります。
この作品はお父様の歌っていた詩吟に思いをこめて描いたものなのです。
イラストレーターになることを家族で一番応援してくれたのがお父様と聞いています。
遠藤あんりさんは、そのお父様の介護を長い間されていました。
昨年までしばらく新作が少なかった影にはそんなご苦労があったのです。
そういう私も90過ぎの両親を抱え、今年に入り二人とも怪我や入院が続いて、もはや手助けというよりも介護という状態に突入しました。
ブログの更新や、お店の新作のペースにも少ながらず影響している事は否めません。
それでも大切な家族です。できる限り元気で、今できる最善の環境で過ごしてもらいたいと頑張ってゆこうと思います。
遠藤あんりさん。来年はCDケースカレンダーが出るようです。
今回ご紹介した作品のいくつかは、そこに載せられると思います。
ご期待下さい。

今月の後半に当店の関連作家の展覧会が続きます。
またご紹介する予定です。

2013-07-24
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。