スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女工房Ⅲ

京橋ののあらかわ画廊にて「少女工房Ⅲ」が7月29日(月)~8月9日(金)まで開催されています。
今回の「少女工房」は桑原聖美さん、樋上公実子さんと当店お馴染みの高田美苗さんの3人の作品展になります。

日本画の桑原聖美さんの作品は、薔薇の花をくわえた少女を描いた「マリエ」、
「午後4時の少女の部屋」「椿姫」「プロローグ」「ひなぎく」「天使のとき」「月 世界旅行」他1点です。
絹に描かれた日本画は繊細で美しいものです。今回は掛け軸はなく、すべての作品は額装ですけ
桑原聖美さんは、高田美苗さんと同様IFAAの会員です。

樋上公実子さんは油彩で特徴のある少女を描く方です。
樋上公実子さんはよく大作を出展するのですが今回もF100号の大作「フェアリーリング」がありました。
他に「月の胞子」「よいまち茸」「キノコクッション」「ルレクチェ」「白雪姫」等。
表題から想像できますが、1点を除いて作品中に茸が登場しています。

高田美苗さんは、大きな作品で水槽の中の人魚の形体をした「ホムンクルス」の他、「ピスキス」「処女の鏡の驚くべき物語」「いばら」「アリスの被昇天」等が展示されています。
高田美苗さんは小型の作品は作品に合わせて額もご自身で製作されます。
今回展示の作品の何点かはきっと来年のカレンダーに使われるものと思われます。

お伺いしたのは7月31日でしたが、樋上公実子さんのみ在廊されていました。
また宮崎照代さんも観覧にいらしてました。

2013-08-03


スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ひとでばん様
少女工房Ⅲにお越しくださり、ありがとうございます!そしてブログに書いてくださり感謝です。そして、お目にかかりたかったです。いつか、その日をと、心待ちにしております。

桑原聖美

有難うございます

閲覧有難うございます。
著作権に考慮して、ブログに画像はめったに掲載しないため、私のつたない言葉だけで実際の作品の良さや雰囲気が伝わりにくいかも知れませんがご容赦下さい。
プロフィール

ひとでぱん

Author:ひとでぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。